おすすめカリウムサプリ

カリウム むくみ解消効果 不足する原因

現代人はカリウム不足!カリウムのむくみ解消効果と不足する原因

なぜむくみにカリウムが効果的なのか、まずはその原理を解説します。

体がむくむ原因の一つに塩分、つまりナトリウムの摂り過ぎが挙げられます。

成人の水分量は体重の60~65%程、体液の塩分濃度は0.85%~0.9%です。

体内ではナトリウムとカリウムが一定のバランスを保って機能していますが、塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度が急上昇し、両者のバランスが著しく崩れてしまいます。

これを回避するために、体は水分をため込むことによって、塩分濃度を下げようとするのです。

この抱え込まれた水分がむくみにつながるわけですが、ここでカリウムが活躍します。

食べ物やサプリ等でカリウムを摂取することによって、ナトリウムとカリウムのバランスが正常化し、余分な水分と塩分が排出されるのです。

また、塩分の取り過ぎだけじゃなく、カリウム不足によってもむくみは発生します。

カリウムを不足させる原因

カリウムの多い食品をあまり食べない 明日葉、モロヘイヤ、アボカド、スイカ、バナナ、納豆などに多く含まれています
生で野菜を食べない。加工食品をよく食べる ゆでることにより食材の3割のカリウムが失われます
お酒をよく飲む アルコールでカリウムの排出が促進されてしまいます

食事によるカリウム不足

カリウムは野菜、果物類に特に多く含まれています。

しかし調理によって何割かが溶け出てしまうので、カリウムを食品で補給したいなら、生で食べるのが一番です。

野菜が嫌い、果物をほとんど食べる機会がない方は、食べ物によって十分にカリウムが補給できていないかもしれません。

缶詰やレトルト食品などの加工食品は調理済みな上、塩分も強いため、カリウム補給に適した食材ではないと言えます。

お酒によるカリウム不足

お酒を飲んだ翌日、全身がむくんだり、顔(フェイスライン)やまぶたがパンパンに腫れませんか?

お酒を飲むとトイレが近くなって水分がたくさん出ているはずなのになんでだろう、と思いますよね。

アルコールは確かに尿として水分を排出しますが、同時にカリウムも流出してしまうのです。

さらに、味の濃いものがお酒に合いますし、お酒の後はたくさん水が飲みたくなります。

塩分と水分を摂り過ぎた上に、カリウム不足になっているので体内の水分バランスが調整できなくなってしまうのです。


塩分には気を付けているつもりなのにむくむ、と言う方はこれらの原因があるかもしれません。

また、塩分にもカリウム不足にも気を付けているのにむくんでしまう方は、リンパ液、血液の滞りが原因によるむくみの可能性があります。