おすすめカリウムサプリ

カリウムサプリの効果的な飲み方

カリウムサプリだけだと100%のむくみ解消にはならない?

むくみ解消と言えばカリウムが思い浮かびますよね。

実際にむくみの改善を期待してサプリを飲んでいる方がいらっしゃると思います。

しかし、飲んでいるけど思ったような効果が得られていない、時と場合によってぜんぜん効かない、なんてことはありませんか?

実は、カリウムだけに頼った飲み方だと、十分な効果が得られないことがあるのです。

カリウムサプリを飲むタイミングはこちら

カリウムは塩分&水分排出には効果的

カリウムは利尿作用によって、体の余分な塩分と水分を排出するので、塩分・水分の取り過ぎによる顔、全身のむくみに効果的です。

また、塩分を摂り過ぎている自覚がなくても、外食、加工品の多い食事や偏食、アルコールによってカリウム不足になり、体内の塩分・水分の代謝機能が働かなくなってむくむこともあります。

外食、加工品はカリウムが少なく、さらに塩分も過剰気味。アルコールはカリウムを尿として排出してしまう上、尿として失った水分以上に水を飲みたくなってしまいます。

カリウムは調理によって失われやすい(ゆでると30%減)こともあり、現代人はカリウムの補給がしにくく、さらに失いやすい生活を送りがちのようです。

このような場合、サプリなどから効率的にカリウムを補給すれば効果的に作用しますので、むくみ解消=カリウムと言う図式も納得ができます。

カリウムだけじゃ不十分!むくみ解消は2方向からのアプローチが必要

しかし、前述したように総合的にむくみを解消したいのであればカリウムだけでは不十分なのです。

なぜなら、むくみの原因は、塩分や水分の取り過ぎ、カリウム不足だけではないからです。

むくみは、リンパ液、血液の滞りによっても発生します。

1日中パソコン作業で座りっぱなしだったり、接客で立ちっぱなしだったりすると夕方頃には足がパンパンにむくんできますよね。

体の老廃物や余分な水分は、リンパ液と静脈によって運ばれ排出されるのですが、同じ姿勢を取り続けて筋肉をあまり動かさなかったり、逆に立ち仕事で筋肉疲労があると、下半身のリンパ液、血液がスムーズに心臓へ戻されません

さらに重力によって老廃物や水分が下半身に溜まりがちになるので足がむくんでしまうのです。

それでも一晩経てば元に戻るから…と何も対策をしない方も多いようです。

むくみを何度も繰り返し、放置して自然に任せていると、うまく運び切れなかった老廃物や水分が少しずつ蓄積され、やがて脂肪細胞とくっつきセルライトとなってしまいます。

むくみだけじゃなく、セルライトの危険を回避するためにも、リンパ液、血液の滞りは絶対に無視できません。

しかし、カリウムはリンパ液、血液の流れを促進する作用はないので、別の成分で補う必要があるのです。

この点がカリウム単一成分のサプリだと、総合的なむくみ解消という角度から見た時に、不十分と言える理由です。

むくみ解消に特化したカリウム含有サプリはこちら